介護支援担当員になりたい訳ではないのだけれど・・・

介護お手伝い限定員の資格を取って3時世になります。今年もトライアル結果が販売され、個々から「何だか不合格だったよ」という不合格の割にかわいいお知らせがありました。

その個々は、3時世前に一緒にトライアルを受けに行き、その時はそれぞれ4お客で一緒にトライアルを受けに行き、あたしというその個々は2回視線、残りの2お客は4回視線って5回視線のトライでした。

あたしは、その当時介護恩恵士として老人ホームで介護の仕事をしていましたが、家庭の事情で夜勤ができず、フルタイムは夜勤が必須の設備だった結果、パートタイマーでした。

ですが、フルタイムという非常勤ではインセンティブや施術などに大分差があったので、夜勤のない介護お手伝い限定員を目指しそれなりのトライアル変化をしました。

但し、あとの3お客はとうにフルタイムになっていて、介護お手伝い限定員として働きたいは思っていないけれど、以前から始まった出来事放置、人事考課の為に、トライアルを受けるのだと言っていました。

収益、合格したのは私だけであとの3お客は不合格でした。なんの変化もなく受けていたようなので、40料金後半の最年長のあたしが通るんだから、惜しくも勉強すれば絶対に通るというけど、といった話をするといった「さんざんむずかしいのに強制通るわけがないし、勉強する余暇も弱い」と言われてしまいました。

後々あたしは、講話を経て介護お手伝い限定員の資格取得先、ケアマネとして勤務し、体力的に楽になったばかりではなく、お給料ポイントもかなり安定したのでパスしてよかったな、と思っていました。

一緒にトライアルを受けた3お客がケアマネになった私の話を聞いて、講話が大変し、精神的にきつそうだし、業務工程が多すぎるしパスしなくてよかったという、負け惜しみに判るような反動を言っていました。

そうしてまた介護お手伝い限定員トライアル受験契約のタイミングが来ると、「人事考課の為に、また受けようか」と依頼しながら、願書を取り去りに行く依頼を通していました。

平年一緒にトライアルにあたって、面白くご飯を食べて帰って来る、それが年中イベントになっているようで、それはそれで楽しそうでもあります。子どもの頃、サッカーをすると短足になるというのは、本当なのか?